« 台風が過ぎ去った工場の雰囲気と工場の前の波・・・ | Main | あの足の怪我からもう9ヶ月もたちます・・ »

August 08, 2007

四国で見た7月31日の満月はすごく綺麗で神秘的だった。

Dsc00542

平安の時代から人は月を見てきた歴史は今も変わっていないが、現代のほうが外灯やネオンや色んな月の明かりを邪魔する石油から来る光が多いので町で見る満月はあんまり綺麗だとは僕は思わない。
鴨川や琵琶湖や暗い神社仏閣で見るのは綺麗な満月だけど、山々からゆっくり上がってくる早目の時間の月は京都の街では今はあんまり綺麗ではない。その昔は夕方からロウソクの光や町のちょうちんのあわいオレンジの光が町をにぎやかに照らして夜空を見上げると東山の山から大きい丸い満月がゆっくりと上がる光景を想像してみてごらん。・・・1ヶ月に一度しか現れない満月は平安や江戸の人々には季節の訪れでもあったはずである。

それも台風や雨で1年に12回見れるとは必ずとも見れるとは限らない満月は僕にとってはとても大切な時間である。9月の中秋の名月だけじゃなくて、波流月を信じるなら毎月の満月鑑賞は日本全国で行って欲しい。

今回7月31日の満月は僕は一人で四国の宍喰で海からゆっくりと出てくる寂しげなオレンジの満月だったよ・・・

それから波の音と綺麗に大きく黄色くなった満月を見たのは深夜だった。明日から来る台風のうねりが月の道からゆっくりと波うちぎわに押し寄せる雰囲気は潮の香りと夜空を明るく照らす不思議な雰囲気は京都の街では味わえないとても大切な時間であったよ・・・・

波流月・・・・波、月のように流れる・・・まさしくそんな雰囲気の満月でした・・・

来月の満月はみんな海や山で見ようね・・・

|

« 台風が過ぎ去った工場の雰囲気と工場の前の波・・・ | Main | あの足の怪我からもう9ヶ月もたちます・・ »

IN THE HAWAII」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 四国で見た7月31日の満月はすごく綺麗で神秘的だった。:

« 台風が過ぎ去った工場の雰囲気と工場の前の波・・・ | Main | あの足の怪我からもう9ヶ月もたちます・・ »